ADVERTISEMENT

昔から行ってみたいお祭りがありました。

毎年、秩父・吉田で催される龍勢祭り。

ご存知の方も多いはず。

派手にロケット(龍勢という)を打ち上げるお祭りです。

 

New photo by Aro / Google Photos

 

さて、このお祭りを観に行った第一印象は……

 

New photo by Aro / Google Photos
New photo by Aro / Google Photos

 

「人がゴミのようだ!」

この言葉がピッタリ。

いかにもお祭りって感じが良いです。が、あまりにも人が多い。

写真は人がすいたときに撮っています(じゃないと撮れない)。

 

どうやら、『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』というアニメの聖地巡礼で賑わっているのだそうです。

それを聞いていた僕は、始発で現地へ向かい午前中のうちに撤収しました。

それでもこの混雑。今後行く方は注意されたし。

 

龍勢の打ち上げは素晴らしかったです。迫力満点。

モデルロケットに例えても、かなり上位クラスだと思います。

 

New photo by Aro / Google Photos

 

ごめんなさい。木に隠れちゃいました。

打ち上げの音、煙、高度、どれをとっても迫力があります。

放送で、ある龍勢は900mまで上がると言ってました。

もうすぐ1kmじゃん!

 

New photo by Aro / Google Photos

 

さらに、上空でカラフルな煙を出しながら、花火のような音と閃光。

そしてパラシュートがいくつも開く。

ロケットってこんなエンターテイメント性があったんだなぁ……

上手く撮れれば、インスタ映え間違いなし?(笑)

 

New photo by Aro / Google Photos

 

昼食を取っていたら地元の方らしきお爺さんが上を指さすので、何かと思って見てたら目の前に本物の龍勢!

 

New photo by Aro / Google Photos

 

太い筒がメインエンジン、竹竿に上空でのパフォーマンス用の仕掛けが付いています。

まさか竹竿も飛ぶとは! こんなに長いとは!

驚くべき技術。

 

ロケット好きとして気になるのは、いったいどこから龍勢が伝わって伝統行事になったのかです。

ネットなどで調べると、ロケットが日本に入ってきたのは元寇のとき。

元軍が使用したらしい(おそらく驚かせるため? 殺傷は難しそう)。

以後、日本でも改良が加えられ、神事の際に打ち上げられるようになったとか。

秩父では江戸時代から打ち上げているようですね。

 

New photo by Aro / Google Photos

 

発射台はこんな感じ。

 

まあ、いろいろ書いたけれど、動画を見た方がイメージがつかみやすいかな。

この動画は失敗した龍勢の時のものだけど、迫力は十分。

最初に長々と口上が述べられますが、神事の雰囲気も良いものです。

 

 

以前『宇宙兄弟』でも言ってましたね。

「ロケットロードは寄り道しない」

平和や安泰、五穀豊穣や商売繁盛を願って龍勢を飛ばすことは、現代人でも共感できます。

 

New photo by Aro / Google Photos

 

ただ、やっぱり人が多いから、次行くときは遠くから眺めるのもありかもしれないです。

こことか、望遠レンズなら撮れるかな。

迫力を楽しみたい方は、やっぱり近くに行くことをおすすめしますよ。

ADVERTISEMENT