貴船神社
ADVERTISEMENT

京都有数のパワースポット(?)鞍馬。鞍馬天狗伝説だったり、源義経育ちの地だったりと、歴史も深い。

そんな鞍馬をハイキングしてみたら、鞍馬寺境内のあちらこちらで石についての説明が!? 最後はフォトジェニックな旧暦の七夕の貴船神社へ。

ADVERTISEMENT

階段地獄の鞍馬寺

叡山電車の終点「鞍馬」で下車。帰りはとなりの貴船口駅まで歩くコースだ。

New photo by Aro / Google Photos
New photo by Aro / Google Photos

駅前には天狗がいる。義経が子供の頃にはすでに天狗伝説はあったらしいから、その歴史は相当なはずだ。

New photo by Aro / Google Photos
New photo by Aro / Google Photos

しばらく行くと山門があり、いよいよお寺らしくなってくる。

山門前の旅館がジブリっぽくていい(笑)

New photo by Aro / Google Photos

階段ばかりだなあと思っちゃうけれど、まだまだこんなもん、かわいいほうだったんですよね……

New photo by Aro / Google Photos
New photo by Aro / Google Photos

緑豊かでフォトジェニックなところも出てくる。いよいよハイキング!

New photo by Aro / Google Photos

源義経供養塔。といっても、1940年に立てられたものらしいので、手を合わせてさっさと通りすぎる(笑)。

ここからが大変だった。

New photo by Aro / Google Photos

ウゲーッ、ここまでも上り坂とか階段だったけど、コレ、登るの……?

New photo by Aro / Google Photos

で、どれだけ登ったかわからないくらい登ると、曲がり角で新たな階段を発見(笑)。

お寺だしちょっと大変なくらいだろうと思っていたのだけれど、これはもう軽い登山です。高尾山とあまり変わりません(笑)。

そりゃあそうか、義経が修行してたくらいだし。

ちなみに、実は途中までケーブルカーがある。ハイキング目当てじゃない方、間違いなく使ったほうがいいですよ(笑)。

鞍馬山は石の博物館?

しばらく登ってヘトヘトになったころ、城壁のような石垣に出くわした。

よく見ると説明書きが。

New photo by Aro / Google Photos

やけに詳しいではないか。

1億年前というと白亜紀。ティラノサウルスみたいな恐竜がいた時代。

この頃、日本列島はまだ存在しないが、将来日本列島になる場所で、火山活動が活発になったらしい。地学の教科書と時期が一致する。

ところで、全然話と関係ないけれど、看板の後ろの石にご注目。トカゲがムカデを仕留めているのが写ってしまった(笑)。

New photo by Aro / Google Photos

さらに登りつづけると、どうやらここが本殿らしい。

本来なら手を合わせるべきところだが、パワースポット目当ての人も多いし、素通り(笑)。

New photo by Aro / Google Photos

さて、階段は延々とつづく……。

にわか石マニアもどきのボクにはよくわからないのだが、右側に岩肌が露出しているの、いいよね。何の岩かわかってないけど。

New photo by Aro / Google Photos

何やら家のようなものが。

「冬柏亭」という、与謝野晶子の書斎らしい。わざわざ東京から移築したらしいが、なんでこんなところに?

New photo by Aro / Google Photos

本格的な山道に入っていくと、何やらまた看板が登場。

今度は2億年前、ジュラ紀の砂岩! アロサウルスとか、背中に板生やしたステゴサウルスとかがいた時代の岩。落ち葉で見えないけど。白亜紀より少し戻ったな。

それにしても石の看板、多い。ここ、お寺の境内じゃ……?

New photo by Aro / Google Photos

さらに登ると、今度は三畳紀! 恐竜が誕生した時代より前までさかのぼった。

ほかにも石の説明の看板がしょっちゅう出てきた。

実は鞍馬山、いろいろな時代の岩が露出しているし、地質学的に注目されているらしい。京都の他の場所と比べても特徴的だとか。

にわか石マニアもどきのボクは、そんなことはまったく知らなかった。早く知っていればもっと調べてから行ったのに……! ちょっと勉強してから、もう一回行きたいな。

New photo by Aro / Google Photos

となりに義経が背を比べたとかいう石があるが、そのへんの石と背比べなんてする奴がいるか?(笑)

それはともかく、大事なのは左の看板。

玉ねぎ状風化だと! おおー、地学っぽい(笑)。

玉ねぎ状風化とはその名の通り、玉ねぎの皮が取れるみたいな風化だ。見た目がおもしろいのだけれど、今回は地下。残念。

New photo by Aro / Google Photos

ここもパワースポットらしいが、硬い地質のせいで木の根がむき出しになってしまっている。義経はここで修行していたそう。

New photo by Aro / Google Photos

で、倒れると、こうなると。迫力がすごい。

木の根道を抜けると、下山コースへ。やっと下り。登り、長かった。

New photo by Aro / Google Photos

義経は今も鞍馬山に霊としているとし、それを奉っている義経堂。

義経は東北で自害したのち、モンゴルでチンギス・ハンになり、そのあと鞍馬まで帰ってきたわけだ(笑)。

まあ、それは冗談として、ちょっと手を合わせる。

New photo by Aro / Google Photos

はい、今度は白っぽい石灰岩

恐竜がいた中生代よりもはるか前、古生代ペルム紀のもの

New photo by Aro / Google Photos

こちらはチャート。同じくペルム紀のもの。

それにしても、本当にいろいろな石があるんだなあ。まるで博物館にいるみたいだ。

ただ、残念なのはその多くが地衣類や落ち葉、土に隠れてしまっていること。今度はもう少し見やすそうな冬に行こうかな。

ADVERTISEMENT

フォトジェニックな旧暦の七夕の貴船神社

New photo by Aro / Google Photos

ハイキングコースを抜けると、有名な貴船の川床が。この時点でもう足がガクガクだが、ちょっと歩いて貴船神社へ。

New photo by Aro / Google Photos

貴船神社。全国に散らばる貴船神社の総本社だそう。

外国人もたくさんいたが、そんなに有名なのだろうか……?

New photo by Aro / Google Photos
New photo by Aro / Google Photos

鳥居などの朱色と、緑のコントラストがとても美しかった。

New photo by Aro / Google Photos
New photo by Aro / Google Photos

訪れたときはちょうど旧暦の七夕のころ。短冊も加わって、なんとも日本らしい調和の取れた美しさがあった。

なるほど、外国人に人気がでるわけだ。

なかなかフォトジェニックな景色。

New photo by Aro / Google Photos

景色もいいが、このあと食べた貴船そばも素晴らしい味だった。絶品。

ボクは人気の観光地は好かない。定番の観光コースも、そういう場所で食べるグルメも、おもしろい、美味しいと思ったことはあまりない。が、貴船そば、これは美味かった。

もう少しお金を出せれば、もっと美味しいものをたくさん食べられそうだった。これだけでも来た価値がある。

New photo by Aro / Google Photos

そばを食べたのち、貴船口駅へ。

この駅舎がちょっと変わっていた。縦に長く、緑に包まれていて情緒がある。

New photo by Aro / Google Photos

駅も七夕ムード。なんだかここも神社みたいだなあ(笑)。

鞍馬・貴船。「ちょっといい写真を撮れそう」くらいにしか思っていなかったのだが、予想以上におもしろそうだ。特に鞍馬山の地質は、もっとしっかり勉強してからもう一度行ってみたい。

ADVERTISEMENT