ADVERTISEMENT

少し前にNikon D3400を買った話をした。

使い方に慣れてきたので、そろそろレビューをまとめておく。

 

CanonからNikonに乗り換えたワケ

前にも書いたけど、今回一眼レフを買い替えた理由は、愛用機Canon EOS kiss x5が壊れたから。

シャッター回数の寿命は大きく超えていたし、5年間ほぼ毎日使い倒した。

初めての一眼レフだったけれど非常に使い勝手が良かったので、使い始めの頃から納得のいく写真がたくさん残っている。

もし、また同じ予算でCanonのカメラを買うとしたら、間違いなくkiss x5を買いますよ。

そのくらい素晴らしいカメラだった。

 

ところが、ボクはNikonに乗り換えた。

 

 

Nikonにした理由は3つ。

 

ADVERTISEMENT

1つ目 堅実な設計

 

New photo by Aro / Google Photos

 

ボクが撮る写真は基本、風景写真。

動いている物体に瞬時にピントを合わせるAF機能が売りのCanonよりも、フィールドに出ても堅実な設計で壊れにくいNikonの方が安心できる。

これまでNikonのカメラはほとんど触ったことがなかったのだが、実際に触ってみて驚いた。

多少重い代わり、しっかりとした設計。

個人的にカメラは重いほうが持っている感覚があって使いやすい。

最近のカメラは軽量化しすぎてどうも性に合わないのだ。

そうは言っても、D3400もX5より多分軽いけど。

Nikonはレンズを回すにしてもCanonのカメラよりずっと重く、それなりに力を入れて回す。

フィールドでは打ってつけの頑丈さだ。

 

2つ目 暗色の美しさと繊細さ

写真の色合いがNikonのほうが自分好みだった。

Canonは大衆受けするカラフルで明るい色合いと言われるが、確かにその通りで、空を撮ると眼で見たものよりカラフルだし、白っぽいものは本当に綺麗に写る。

 

New photo by Aro / Google Photos

 

上の写真でも明るい色の桜の花はきれいに写っている。

それに対し、少し暗い背景は明色に比べるとザラザラしている気がする。

 

僕が好んで撮るのは天体写真だったり、黄昏時の光の陰影だったりする。

使って比べて思うのはNikonのほうが暗い色が美しく写ること。

ザラザラがCanonよりも少ない。

夜の帳が下りる頃の空の色の微かなグラデーションも、見事に写すことができる。

 

New photo by Aro / Google Photos

 

そして、CanonよりNikonのほうが繊細な写真を撮れる(気がする)。

広告などに向くのはCanonだが、ネイチャー写真や報道写真にはNikonのほうが良いという話は本当だった。

 

ADVERTISEMENT

3つ目 宇宙からの写真

これは完全にボクの自己満足でもあるのだが、NASAがたくさん宇宙に持っていってるのはNikonのカメラだから。

半年ほど前、JAXAの方から聞いて初めて知ったのだが、NASAはアポロ計画の時代にはNikonのカメラを宇宙で使っていたらしい。

それを聞いて調べてみると、アポロ15号以降、本当に数多くの歴代の宇宙計画でNikonのカメラが採用されているのだ。

今では宇宙飛行士がISS(国際宇宙ステーション)で店頭に販売されているカメラを普通に使っているらしい。

そのひとつに採用されたと、少し前にSONYのカメラが大々的に宣伝されていたが、Nikonは人知れず昔から大量のカメラを宇宙に送っていたワケ。

Nikon、なんで宣伝しない!?

とにかくISSからの地球の映像や写真を見れば分かるが、美しく素晴らしい景色が繊細に記録されている。

 

 

まあ、これを見たらNikonに興味が湧かないわけないじゃん?

なんだかNikonの回し者みたいな口調だけど(笑)。

 

なぜD3400?

さて、会社がNikonと決まったところで、次は機種をどれにするかが問題。

Nikonの機種に関しては全然知らなかったから、ひとまずtwitterで聞いてみた。

予算5~7万円台(バイトではそんなに貯まりません)、Nikon、一眼レフ、天体写真・風景写真。

そこでオススメされた機種がD3300、D3400、D5500、D5600。

特徴をおおまかに表にしてみる。

※細かな特徴についてはご自分でご確認ください。この表はあくまで個人的に作ったもので、合っている保証はありません。

 

D3300D3400D5500D5600
値段5~6万円台6万円台8万円台8~9万円台
フォーカスポイント11113939
モニター固定固定バリアングルバリアングル
最大ISO感度12800256002560025600
bluetooth転送不可不可
wifiなしなしありあり

値段はダブルズームキット(望遠と普通の2つのレンズ付き)で考えている。

 

これを見ると予算が許すのはD3300かD3400である。

この2つの大きな差はISO感度。

D3400ではかなり高感度でもノイズが少なく大丈夫という話が多かった。

 

さらに少し予算を増やせたとしてD5500、D5600も比較する。

フォーカスポイントは多いが、これはAFでの話。

MFで撮ることが多いボクには関係ない。

風景や天体写真で重要になってくるISO感度はD3400と同じだ。

つまり、ボクにとって安いD3400でも、値段の高いD5500、D5600でも撮れる写真は対して変わらない。

 

こうしてみると、あと関係してきそうなのはbluetoothによる写真転送機能とバリアングルモニター。

写真転送はSNSにすぐに載せられるように、ということらしい。

なくても気にはしないが、twitterもinstagramも使っているボクにはなんともありがたい機能。

こうしてD3400とD5600に絞られる。

 

残るはバリアングルモニター。

バリアングルは天体写真を撮る上では捨てがたい機能だ。

しかし、そのために2万もかけるか?

学生には負担が大きすぎる。

それなら這いつくばったり地べたに寝転んだりするほうがマシだ。

 

決定。D3400。

実機を見に行く暇はなかったので、ネットでポチった。

普段ブックマークをクリックするときと同じ感触で、バイトで貯めた6万3000円が一瞬にして消え去った。

恐ろしや。

 

で、これがあとで大問題を引き起こし、後悔することになった。

 

1つだけ見落としていた重大な欠点

早速、D3400が無事に届いて1週間後に星空の下でテスト撮影してみた。

ここで、それまで全く気付かなかった超重要な欠点に気付く。

 

ケーブルレリーズを挿すところがない!

 

そんなカメラあるわけないよなあ?

と、カメラの表面を撫でまわった。ない。

なんでレリーズ挿せないんだよ……

 

インターバル機能がないD3400でも、レリーズがあることを念頭に感度がいいからと選んだのだ。

想定外とはまさにこのこと。

 

しかも、問題はさらに。

致し方なく赤外線リモコンを購入しようと調べたところ、ボタンが一つ付いているだけ。

インターバルタイマーは付いていない。

これではタイムラプスができない。

そして最悪なことに、D3400に使えるのはこのリモコンだけなのである。

代替品も見つからない。

 

ああ……

6万3000円よ、いづこへ……

 

しかしちゃんと、解決策を見つけたからこうして記録に残しているんだな。

長くなるからつづきは次回。

ADVERTISEMENT